40代になる前のお正月、クリスマスプレゼントで貰ったテレサテンのベストアルバムを聞きながら、曲の題名を読もうとしていました。

何故、題名を読もうとしていたか?

恥ずかしながら“空耳アワー”に投稿しようと企んでいたんです。

すると見えにくい。実に見えにくい。中国語の漢字が、込み入って見えにくいと初めて思えた瞬間でした。

印刷がつぶれているのではないかと疑ってみたものの、まさか?!と思い近眼用の眼鏡を外して見てみた・・・クッキリ!

あぁ、老眼になってしまったのかも。

その後、細やかな文字を探して老眼チェックに翻弄しました。

お菓子や製品のスペックなど色々読みあさって、見えない!見えなーい(泣)

何故正月に見えないと気付くはめになったのか?

突然見えなくなった様な気さえなって来て、眼精疲労かも疑ってみた。

けれども、以来裸眼でなければ中国語を読む事が出来なくなってしまいました。

いちいち眼鏡を外してみるスタイルは“The 老い”そのもので、なんとも情けなく、白髪の多さにも目がいくようになりました。

もともと近眼なため、眼鏡さえ外してしまえば新しい眼鏡を買う必要はないかなと思っています。

物を見る時、焦点が合いにくくなって来たなと言う感は否めなく、眼精疲労もバカに出来なくなってきました。

老眼の次は、何がやってくる私の老いよ!?

40代の老眼!気付いた時の落ち込み様は思いのほか大きかったものです。